BLOG

ブログ

メンタリティーパワーの可能性がトレーニングの結果に与える影響について

日本初!姿勢から変えるダイエットジム
新宿、赤羽橋、麻布十番、東麻布、
中目黒で姿勢・動きの改善・ダイエット・
健康維持をコンセプトにしている
パーソナルトレーニングジムB-FITです。

本日のテーマは
大人になってもメンタリティーパワーの可能性が
トレーニングの結果に与える影響についてです。

B-FITトレーナーの大友 慧です。
今日は自分の子供の頃の話から
メンタリティーパワーとその可能性について
取り上げてみたいと思います。

僕は自分が好きな遊びがサッカーだったので、
サッカーチームに入ることを決めましたが
フィリピンと日本のハーフということもあり、
1990年代はハーフが珍しかった為に
外国人扱いをされることが恥ずかしくて、
サッカークラブの練習に中々行けませんでした。

肝心のサッカーチームの練習には
ほとんど行かなかったのですが、
よく家の前でリフティングの練習をしたり
学校の友達を集めて草サッカーをしたり
していました。
チームで大会に出れば、チームの中心で
活躍出来るようになり、ようやく小学校
4年生くらいからちゃんと
通えるようになってきました。
チームの練習は土日の週二回しかない
ようなチームでしたが、本当に楽しく
のびのび出来ました。

小学6年生の頃には、Jリーグも出来て、
プロ選手になるという明確な目標も出来、
夢に向かって毎日ボールを蹴る事が楽し
かったです。よく4年間、夢中になって
サッカーをやっていたなと思います。
当時はYouTubeもなくお手本にする人も
いなかったので今の子供達は羨ましいですよね。

【メンタリティーパワー】

子供が好きなことをするエネルギーって
本当に凄いなって、振り替えると
そう思います。

子供が夢中になれる物は、
凄い可能性を持っています。
親御さんの方々も子供の夢中になって
いる物を応援してあげてください。
うちの両親はサッカーのことには、
一切口出しをしませんでした。
色々口を出したい親御さんもいると
思いますが、夢中になって楽しんでいる
物には、物凄いパワーと可能性があります。

とにかく子供の頃は、楽しませることで、
子供にもいいメンタル状況になり
良いスパイラルに良い物を引き寄せて
くるんじゃないかと思っています。
なので、どうかお子さんのやることに対して
ネガティブな反応などはせず、
ポジティブに導いていってあげてみては、
いかがでしょうか?

【子供時代のネガティブなメンタル面】

私は本格的にサッカーを中学生からプロを
目指すのに、Jリーグの下部組織のチームに
所属することになりました。そこでは、
挨拶の大切さなど人としての礼儀も学びま
した。当時は、中学校での学校生活では
勉強も出来きるしっかりとした人間で
いなさいと口酸っぱく言われました。
勉強は苦手嫌いでしたが、やる必要がある
ものは、苦手嫌いなことでも、常に
一緒懸命やる姿勢を持つことが、
本当に大事だったなと思いました。

サッカーの練習では、最初のコーチに
恵まれ、自分の実力も認め褒めてくれて、
凄く伸びましたし、楽しく本当に上手く
なったと思います。

しかし上級生の試合に出ることに
なりはじめた頃壁にぶつかりました。
上級生の方の監督がめっちゃくちゃ
ネガティブな言葉を使う方だったので、
ミスをすることが怖くなり、思い切った
プレーが出来なくなってしまいました。

ハーフタイムに私が言われる指示は
毎回お前なんかサッカー辞めちまえでした。

好きなサッカーが楽しくなくなってきました。
僕らの時代はこんなことは、全然普通だった
時代ですし、手が出るのも当たり前の時代
でした。クラブだったので、
私は手を上げられたことは、ありません
でしたが、精神的に凄く苦しんだ時期でした。

「練習をしてもミスをすれば怒られる。」
難しいプレーを選択しなくなりました。

今だから思いますが
ミスをすると怒られるということが、
子供の選択肢を狭め、クリエティブ、
想像力の高いプレーの選択肢を狭め
消して行くんじゃないかなと感じました。

ミスをする可能性が高い難しいプレーこそ、
得点を入れる可能性をより高め、観客を
沸かすようなクリエティブで想像性豊かな
プレーが出てきます。

勇敢でミスを恐れないメンタルが
サッカーを楽しむことにもつながり
誰もが予想しなかったプレーに繋がります。

サッカーは楽しい遊びなんです。
楽しんで遊んだ奴が凄いんです。
その典型がロナウジーニョです。
厳しい試合でも常に楽しんで遊んでますよね。

本当にいつも怒鳴って威圧するような
指導をすることは私は、子供達の可能性を狭め、
可能性のある子供の未来を潰しているのではないかと
いつも考えています。

こうした経験から
トレーナーとクライアントの関係でも
言葉の力でその人のメンタルをプラスにも
マイナスにも変えることができ、
好奇心、向上心が何歳になっても
可能性を広げるパワーになり、良い結果を
産み出すものだと思います。

是非、トレーニングを始めるときは
体験でジムの雰囲気やトレーナーの方と
お話をして、どんなトレーニングが
受けられるなどよく確認をしてみてください。

パーソナルトレーニングジムB-FITでは姿勢矯正を軸にした
プログラムを中心にお客様の目標を達成出来る様、
サポートをさせて頂いております。

『あなただけのトレーニングメニュー』で
マンツーマントーレーニングレッスンを重ね、
あなたの『なりたい』・『綺麗に痩せる』を叶えます。

綺麗に痩せると、今までとは違った素晴らしい毎日を過ごせることは
間違いないでしょう。

カウンセリング、ご相談も無料で行っておりますので、
皆様のご来店をスタッフ一同心からお待ち致しております!

本日の記事作成の担当トレーナーは
B-FITトレーナー:大友 慧

最後までご購読いただきましてありがとうございました。
次回もお楽しみに!

B-FIT西新宿本店 03-6279-3828
B-FIT麻布十番店 03-6435-3399
B-FIT中目黒店 03-5725-0775

URL https://b-fit.co.jp

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > メンタリティーパワーの可能性がトレーニングの結果に与える影響について