BLOG

ブログ

そこのあなた!肩こり大丈夫ですか?

肩こりとはそもそもどうやってなるか分かりますか?

「肩こり」というのは日本独特の表現だと言うことを皆さんご存知でしょうか。諸外国では主に首や背中の疾患として表現され扱われています。

肩こりに関する筋肉は主に首周りや背中側に多く分布して 頭や腕を支えています。

僧帽筋や脊柱起立筋などの大きな筋肉の他に菱形筋・棘上筋・棘下筋・肩甲挙筋など少し小さな筋肉もありますが、骨格の構造上どの筋肉も割合常に負担も大きく筋疲労を起こしやすいとも言えます。

筋肉が継続的に緊張し、血行が悪くなるとその周辺の筋肉には新しい酸素と栄養が運ばれなくなり老廃物が蓄積していくようになります。老廃物が蓄積したこの部分がこりとして痛みを発したり、重だるさを引き起こし不快感を招くようになっていきます。

肩こりはなぜ女性に多いか?

女性の筋肉の直径は男性よりも細く肩凝りの原因となる僧帽筋の速筋線維と遅筋線維が男性より細い。
肩を持ち上げる「下行部」の速筋線維の直径は半分以下であることによって肩凝りになり易い。
女性は「なで肩」が多いが、それも原因となります。女性の筋力は男性に比較してとても弱いです。
柔軟性が高く靭帯や関節が伸びすぎ、筋肉や脊柱に無理がかかりやすい傾向もあります。

オフィスワークの中でワープロやパソコンの操作に従事者が多い方は1時間に1回は休憩を入れ、首回りや肩周りを動かしてしっかり解してあげましょう!!

肩凝り、腰痛、ダイエット等詳しく知りたい方トータルオーダーメイド型完全予約制プライベートジムB-FITをチェックしてくだい。

http://b-fit.co.jp

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > そこのあなた!肩こり大丈夫ですか?