西新宿本店:東京都新宿区西新宿8-3-32 CARMEL#403
TEL:03-6279-3828

麻布十番店: 東京都港区三田1-2-16 プラザ麻布202
TEL:03-6435-3399

B-FIT3:東京都港区麻布十番3-1-5 ストーク麻布K&S 701
TEL:050-7583-2564

あなたの血糖値大丈夫ですか?

健康診断で血糖値を気にしている人は沢山いて、ほうっておくと大変な事になるのも分かってはいるけど何も行動に移さない方が多いのではないでしょうか?

でもほうっておくと毎月の医療費だってかかってくる。

こんな事では生活も圧迫するし、好きなものも食べれなくなる。                                                                                                                 

ではどうしたら高い血糖値を少しでも下げれるだろうか?それは何とコーヒーに秘密があるそうです!

フィンランド国立公衆衛生研究所が行った大規模な調査によると、1日3~4杯のコーヒーを飲んだ人は飲まない人に比べて、糖尿病にかかる確率が女性で29%、男性で27%減少したそうです。                                                                                        さらに、1日10杯以上飲んだ場合は、女性で79%、男性で55%減少したという結果も出ています。オーストラリアのシドニー大学でも、コーヒーの2型糖尿病予防効果について「効果あり」という研究報告を出していることがわかっています。

血糖値は、食後1時間ほど(人によっては45~90分)でピークになる傾向にあり、この上昇した状態が続くと、健康面に大きな影響がでると言われています。 コーヒーが2型糖尿病の発症リスクを下げるという事は、世界各国の研究機関から数多く報告されています。

そのメカニズムについては、まだ不明な点も残されていますが、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸類」が糖の代謝に影響するのではないかと考えられています。                                                  
クロロゲン酸類とは、植物界に広く存在し、強い抗酸化力を持つ「ポリフェノール」の一種です。コーヒー生豆には、クロロゲン酸類が5~10%と、とりわけ豊富に含まれています。

クロロゲン酸類を含む脱カフェインコーヒーを使ってヒト試験を行ったところ、食後30分の血糖値が、コーヒーを摂取していなかった場合に比べて有意に低下したそうです。                                                                                                さらに、食事と一緒に脱カフェインコーヒーを摂取した場合は、食後血糖値の上昇がもっとも抑えられたと言います。こうした事から、コーヒーに含まれるクロロゲン酸類には、食後血糖値の上昇を抑制する効果が期待できると考えられるようになりました。

まず、対策をしていくには、食後の血糖値ケアが重要ですが、 具体的な取り組みとしては、 食生活の見直しと運動になります。                                                               今ならパーソナルトレーニング無料体験実施中!

お問い合わせ

http://www.b-fit.co.jp/contact

B-FIT西新宿本店03-6279-3828

B-FIT麻布十番03-6435-3399

西新宿本店
東京都新宿区西新宿8-3-32
CARMEL#403
TEL:03-6279-3828

麻布十番店
東京都港区三田1-2-16
プラザ麻布202
TEL:03-6435-3399

B-FIT3
東京都港区麻布十番3-1-5
ストーク麻布K&S 701
TEL:050-7583-2564

西新宿本店:東京都新宿区西新宿8-3-32 CARMEL#403 TEL:03-6279-3828/FAX:03-6279-3878
麻布十番店:東京都港区三田1-2-16 プラザ麻布202 TEL:03-6435-3399/FAX:03-6435-3398
B-FIT3:東京都港区麻布十番3-1-5 ストーク麻布K&S 701 TEL:050-7583-2564
Copyright(C) パーソナルトレーニングジム B-FIT all rights reserved 2017. Powered By Ec